トップページ>海潮禅寺とは
海潮禅寺の特徴

清水市郊外、杉山の臨済妙寺派海潮禅寺は、雪済長老の弟子、竜元和尚によって建立されて以来400年、みかんの香りにつつまれた静かなたたずまいが訪れる人々のこころに、やすらぎを識えさせてくれるのです。

一、宗派

臨済宗(禅宗)妙心寺派

一、宗旨

お釈迦さまの正法を相承れた初祖達磨大師、宗祖臨済禅師、さらに開山無相大師に及ぶ一流の禅を宗旨とします。

一、本山

正法山妙心寺(京都花園)建武4年(1,337)花園法皇の勅願によって創建、開山無相大師の法流は四派に分れ、全国末寺に広がっています。

一、本尊

釈迦牟尼世尊をひとしく大恩教主と仰いで尊崇し、因縁により釈迦如来、観世音菩薩等をおまつりします。

一、経典

お釈迦さまの正法をじかに心に頂く宗旨ですから、特に経典を一定しませんが、主に般若心経大悲呪、観音経、座禅和讃、宗門安心章等をお誦みします。

一、教義

自心仏であることを固く信じて座禅にはげみ、本当の自分にめざめ、どんなに苦難にもくじけずに常に脚下を照顧めてくらしを正し、生かされている自分を感謝しつつ世のため、人のためのにつくします。

一、宗風

宗門は僧俗ともに禅の安心を喜ぶ同信であり、開山無相大師の『請うその本を務めよ』、開基花園法皇の『報恩謝徳』のみ旨を体して実践する同行の教団であります。信者は花園会員として和やかに力を合せ、社会を『心の花園』にと念じて正法をひろめるようつとめる。

一、宗務機関

妙心寺派宗務本所(京都市右京区花園妙心寺町)