トップページ>海潮禅寺の精進料理
精進料理

生かされ 今ある私 共に生きる喜び

精進料理は禅の一つの表現であり、食事を通しての布教でもあります。
当時では、住職が手づから四季の風情を添えて精進料理を差し上げております。

海潮禅寺の精進料理

(現在、お休みさせていただいております。)

食事五觀文

一つには、功の多少を計り彼の麥處を量る。

(天地の恵み、人々の骨折りのお陰で、此の食事を頂きますが、果たして、私はそれを受くべき価値があるのでしょうか?反省します。)

二つには、己が得行の全缺とはかって供に應ず。

(私の德行の足らないのに、此の食事を頂く事を深く感謝致します。)

三つには、心を防ぎ、過食等を離るるを宗とす。

(食事の善し悪し、好き嫌い、また量の多少など不足に思う心を慎みます。)

四つには、正に良藥を事とするは形枯を療ぜんが爲なり。

(天地の生命を宿す此の食事を、病に応ずる良薬と心得、私の身体を養せて頂く為に頂きます。)

五つには、道業を成ぜんが爲に、將にこの食を受くべし。

(此の満ち溢れた精気、満ち足りた心を以て私の本分の務めに精励しますと共に、四恩に報いる事を誓います。)